読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことなんてありません。

俳優 佐々木恭平が公演情報とか見た映画とかあと何か適当にいろんなことを書くブログ

帰ってきたヒトラー

去年、予告編を見て「これだ!」思った映画で、

思っておきながら諸々の事情(主に懐)により映画館で見られなかった一本。

 「帰ってきたヒトラー

  

ヒトラー?誰?という人は初等教育からやり直してもらうとして、おそらくそんな人はまずいないと思いますんで進めますね。この人です。

f:id:sskkyou:20170113011647j:image

ガミラス星雲を統治するマインフューラー。

偉大なる総統閣下です。

飲むときほっぺたに刺さるグラスとか、そのくらいのオイタで目くじら立てたりしません。

よく見るとちょっと怒ってる気がしますけど。

 

これどこまででも脱線できますね。

誰からもツッコミが入らないからボケが回収できません。

 

この調子だと夜が明けそうなので戻します。

さっきの画像はデスラー総統です。念のため。

元ネタはヒトラーと言われてたりもしますが、違います。名前が似てるだけです。

このへんも語ると長くなるので割愛します。

そもそも本筋関係ないし。

 

映画の話に戻りますけれども、

この映画ね、ネタバレ無しで伝えにくい。

 

ちなみに今さらですがあらすじは

 

現代に蘇ったヒトラーが、モノマネ芸人として大ブレイク。やがて再び、大衆の心を捉え始める。

(公式サイトより)
http://gaga.ne.jp/hitlerisback/

もっとウィットに富んだ文章なかったんかい!

とツッコミ入れたくなりますが、

見終わった今なら言えます。

これ、100点。

これ以上説明しようがないんですよ。

月に第三帝国をブチあげて地球に宣戦布告するわけでもなく、

ナチス政党が再び力を持ってドイツを牛耳るわけでもなく、

現代に蘇ったヒトラーが、モノマネ芸人として大ブレイク。やがて再び、大衆の心を捉え始める。

このあらすじが全てです。

 

ドキュメンタリーなシーンがちょいちょいあるんです。

それを撮るためにわざわざ無名の舞台俳優を探したっていう。

f:id:sskkyou:20170113021800p:image

この方がヒトラーを演じてる無名の舞台俳優さんです。

あれ?なんだろう…?胸が痛いぞ?

 

ちなみに本物はこちら

f:id:sskkyou:20170113021948j:image

似てますね。ヒゲが。

ヒトラーの本体はヒゲですからね。

ヒゲが似てる=本物ソックリ

という公式が成り立ちます。

 

それで、ドキュメンタリー部分なんですけど、

ヒトラー、結構受け入れられます。

僕、驚きました。

いやいやおかしいやろ、と。

ドイツにとって最大の黒歴史ちゃうんかい、と。

そいつのせいでクラスメイトにいじめられたりしたんとちゃうのんかい、と。

そんな僕のデカルチャーを置き去りにして

一緒に敬礼して写真撮ったりしてるわけです。

「本人だから!本人じゃないけど本人だから!」

何回叫んだかわかりません。

 

最初はこの構造が笑えるんです。

見ている側はヒトラーが本人であることを知っているわけですから、それを本人だと思わず受け入れていく人々を見て

「ちょwwwそれホンモノwww」

くらいのノリで笑えちゃう。

ところが、これが笑えなくなる。

人によって笑えなくなるタイミングはそれぞれあるでしょうけどね。

僕は中盤くらいでなりました。

 

なんでそうなるのか?

そこは是非見て感じていただきたい。