言いたいことなんてありません。

俳優 佐々木恭平が公演情報とか見た映画とかあと何か適当にいろんなことを書くブログ

無職は続くよどこまでも

無職になって8ヶ月。

事情をご存知のうえでこのブログまで読んでくださっていたりする奇特な…有難い方には

「お前まだそれやってたのかよ」

と呆れるのを通り越してキレるのを通り越してもはや何の感情も無く切り捨てられること必至の状況が続いている。

さすがに妻帯者として全く家計に貢献しないとただでさえ居場所のない家から永久追放されてもおかしくないので、ちょこちょことお給金を頂戴できる程度には働いている。

しかし、高校時代のバイト代と大差ない程度や、ひと月の既婚サラリーマンのお小遣い程度の収入だったりするので、無職といって差し支えないくらいのものだ。

「今なにしてんの?」と問いかけてきた父親に「無職」とこともなげに答えてしまったときのあの顔は絵画のように名状しがたい複雑なものだった。

 

そこらじゅうで無職だ無職だ言ってるもんだからもはやほとんどの方が心配しなくなっている。

「すごくいい奥さんなんだね」と奥歯にモノが詰まったのが元で親知らずを抜いた次の日みたいな表情で言われる。

 

泣けてくる。

男泣きとかじゃない、普通に泣く。

 

35歳、アラフォーのおっさんが泣く姿の見苦しさといったらないぞ。

想像してみて欲しい、頭頂部がちょっとハゲてきてる顔の怖いおっさんごアウアウ言いながら涎と鼻水を垂らしてむせび泣く姿を。

この世の地獄だ。

 

中には本当に心配して「大丈夫なのか?」「なぜ無職になったのか?」と声をかけてくれる人がいる。

無職という言葉の持つイメージは当人が思っているよりネガティヴなようで「大変だね」なんて言われたりもする。

そんなときは決まって笑いながらこう返す。

 

「そうですねぇ、困っちゃいますねぇ」

 

本当は困っていない。

 

いや、金には困る。

だがそれ以外に困ることはない。

こなすべきタスク、煩わしい人間関係、目覚ましのアラーム、交通費、削られるゲームの時間などなど、仕事にまつわるストレスが全くないので仕事をしてない方がむしろ気楽だ。

気楽さに溺れて体も心も脂肪でブヨブヨになっていく。

 

よく覚えておいてほしい。

これが真のクズだ。

 

これは心配されても嬉しくないとかそういう話ではない。

むしろ嬉しい。

もっと心配してくれて構わない。

もう一度言う。

もっともっと心配してくれて構わない。

心配してくれ。

もっと…もっとだ…

 

違う。

違う、そうじゃない。

構って欲しいとかそういうことを伝えたかったわけじゃない。

このように自堕落で没落した生活になんら危機感も持たずのうのうと生き恥を晒す男でさえも心配してくれる人がいる。

 

心配するなら仕事くれ。

同情するなら金をくれ。

そんなことを思ったり思わなかったり強めに思ったりもするが、気にされてるんだから頑張ろうという気にはなる。

陳腐な言葉で言えば生きる希望だ。

 

人の言葉に励まされ、僕は生きている。

 

具体的に何を頑張ったのかといえば資源を無駄づかいしないために一食も食わずに一日中寝ていたとか、その反動で一日中寝ずにゲームをしたとか、その程度なので何も美しくはない。

 

覚えておいてほしい。

これが、真のクズだ。

この世界の片隅には皆さんと同じ空気を吸うクズがあたかも平民の顔をして存在している。

 

気をつけろ。

 

平和と兵器

僕の数少ない友達の中の一人で、古くから付き合いがある男に誘われてRED BULL AIR RACEへと行ってきました。

 

f:id:sskkyou:20170603235536j:image

 

アパッチ、ヒューイの展示飛行から始まって

 

各選手のテストフライト

 

f:id:sskkyou:20170603235622j:image

 

千葉消防レスキューによるデモンストレーション

 

f:id:sskkyou:20170603235715j:image

 

DC-3の低空飛行

 

予選タイムアタック

 

そして

 

f:id:sskkyou:20170603235323j:image

 

零戦

 

世界に現存する4機のうちの一機。

アメリカで修復・保存されていたものだそうです。

 

映画や漫画でしか見たことのなかった零戦が、

良く響く低くてやわらかなエンジン音で僕らの目の前をゆっくりと通り過ぎていく。

 

武装を外し、平和への祈りをこめて。

 

送り出したことはないのに、おかえり、と言いたくなりました。

言えない代わりに手を振りました。

不思議なもので周りの人もみんな手を振っていました。

 

人を殺す兵器としての宿命を捨て、平和な空を飛ぶためだけに飛ぶ。

 

ゆっくりと、ゆっくりと会場を3周し、

彼は夕日に照らされたスカイツリーへと飛び去って行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人ぼっちが怖いから

「ヘッドフォンをして人混みの中に隠れると

もう自分は消えてしまったんじゃないかと思うの」

         ------宇多田ヒカル「for you」

 

子供の時から風呂に潜るのが好きで、ボコボコしながら、たまに鼻にお湯が入ってむせたりしながら、ゆらゆらと揺れる水面とぼやけて見えるライトを眺めたりしています。

 

ギャンブル仲間とつるんでたときはパチンコ屋は最高の場所でした。夢中で目の前の画面を見つめて一喜一憂するダメ人間たちの中の一部に僕もなって死んだ目をしてました。

 

どちらも、音がね、消えるのがいいんです。

 

渋谷のスクランブル交差点の中心で、東京ドームのの客席で、居酒屋のカウンターの端っこで、直接の関わりないけど、やっぱり音を共有してるから同じ空間にいる。

 

そこで耳をふさいで音を消すと、自分は世界に取り残されたような気がして、寂しさとほんの少しの特別感に包まれて気持ちが落ち着きます。

 

雪が降ったあと、あまりの無音に世界が消えてしまったような気がしたり、

夏にカエルの鳴き声が静まった瞬間、時間が止まったように感じたり、

音があることで自分が世界と繋がっているような気になれる時があるんです。

 

逆に世界から離れたいときは口をつぐんで耳をふさいで、音を切り離すとそこに自分の体ひとつの世界が広がる。

 

なんてことを考えながら風呂に潜ったら盛大に水を飲んで軽く消えかけました。

 

ちゃんちゃん。

 

気をつけ

どうも。

スマホiphoneしか知らない男、佐々木恭平です。

ガラケーの頃はメーカーごとの差はあれど「これどうすんの?」って聞かれたらそれなりになんとかできたけど、今Androidでそれやられたら秒で降参します。

合言葉は「サポートに聞いてみな?」です。

 

わからないことはその道のプロに任せる方が良いというのが持論なので、変な素人知識で物を言うのは飲み会で話広げるためくらいにしようと日々気をつけてます。

気をつけているということはたまにやってしまうということです。

 

そういえば「起立、気をつけ、礼」の気をつけって誰が号令考えたんですかね?

最初「きょうつけ」だと思っててなんのこっちゃだったわけですが、気をつけになっても未だにピンと来てません。

直立不動の姿勢に「気をつけ」たら先生の話は全く耳に入ってこないし、先生の話に「気をつけ」たら姿勢は維持できない気がするんですよね…。

そうか、訓練することで自然にその姿勢が取れるようになれば人の話に「気をつけ」ることができるようになるってことか。

 

そしたら「気をつけ」た瞬間に直立不動になっちゃったりすんのかな…?

そんな単純なもんでもないか。

 

 

四文字熟女

草木も眠る丑三つ刻。
よりはだいぶ早いものの深夜に分類される時間。
ギンギラギンにさりげなくネオンきらめく華の街ザ・ギン。
またの名を、銀座。

 

立ち並ぶビルは主役を奪い合うように光で飾られ、驕り高ぶったきらめきで夜の闇さえ消し去らんばかりだ。

 

…この街は眩しすぎる。

 

人は光だけでは生きられない。

そんな簡単な理屈すら忘れてしまったのかこの街は。

心の中で軽く毒づきながら歩を進める。

安息を求めて暗がりへと消えて行く男女を横目で見送り、そのまま視線を斜め後ろを歩く女へと流す。

 

いわゆる流し目、というやつだ。

 

こちらの狙いに気づいているのかいないのか、女は喋り続けている。

やれやれだぜ…。

軽く肩をすくめ、もう一人の女(ややこしいのでMとする)へと視線を流す。

何時間か前にカレーとラーメンを食べたせいで胃の調子が悪いと言っていたが、今は薄着すぎたことを後悔しているようだ。

 

知らんがな。

 

思わず口から漏れそうになる言葉を寸前で飲み込んで女(一人目。やはりややこしいのでSとする)の話に相槌を打ち、ついでに軽く質問もしてやる。

これでしばらくはまた勝手に喋るだろう。

Mは寒がりながらも話題に乗る。

誰となら付き合えるか、などという修学旅行生のような話題がどこまでも広がっていく。

女は共感の生き物だ、というのはどこで聞いたんだったか。二人の男の趣味が似ているらしく、お互いの似たような評価を確認しあっている。

結論は単純だ。イケメンならイケる。

 

馬鹿馬鹿しい。

 

イケてるメンズでイケメンなんだろう?

イケるに決まってるじゃないか。

そのあたりの評価基準はどうなっているんだ。

どこからがイケてどこからがイケないんだ。

俺はそこに入るのか入らないのか。

俺が気になっているのはそこだ!!

先ほどから遠回しにイケメンの基準について質問してはいるが全く要領を得ない。

直接聞いてみるという手段は無しだ。

俺の砂糖菓子のように繊細なメンタルが粉砕されるかもしれない。

しかもだ。

ただでさえわかりにくいのに、さらに面倒なことにイケメンの中でも繊細な評価基準があるらしい。

 

知らんがな。

 

3分18秒ぶり6度目の「知らんがな」が出かかったあたりでSが更に話題を発展させてくる。

 

「四文字熟女がぁ」

 

熟女は二文字だ。

あとの二文字はなんだ。

四文字あったら何ができるというのだ。

三文字熟女もいるのか。

五文字は。

六文字は。

何文字熟女までいるのだ。

そもそもなんだそれは。

 

ひたすら尻文字を書く熟女、書道の筆の毛を一本一本裂く熟女、卵の殻を割って現れる熟女など様々な姿をした四文字熟女が想起される。

何ひとつとしてこれだというイメージにたどり着けないまま、生み出された四文字熟女達は頭の中でランバダを踊りはじめた。

四文字熟女の正体を暴かねばとやっきになればなるほど四文字熟女は増え、ランバダもまた激しさを増していく。

 

もう限界だ。

思考回路はショート寸前。

月の光に導かれ何人も生まれ出る四文字熟女達。

 

こんなはずじゃなかった。

今夜はザ・ギンでミラクルロマンスの予定だったはず。

何故だ。

何故こうなった。

 

いよいよ四文字熟女ダンサーズはクライマックスに突入している。

 

俺は手に持った袋から重い方の木刀を取り出した。思い切りふりかぶる。

スイカのように割れろ。

祈りながら頭に打ち付ける。

 

痛い。

 

 

 

痛みで我にかえる。

 

四文字熟女ダンサーズは消えていた。

二人の女も消えていた。

ついでに俺の邪な目論見も。

 

ギンギラギンにさりげなくネオンきらめく華の街ザ・ギン。

またの名を、銀座。

 

やはり俺にはこの街は眩しすぎる。

 

まだ、終電間に合うかな…。

 

 

 

 

うん。結末が雑。

四文字熟語を噛んで四文字熟女ってなんだよ。

 

 

 

 

 

イッキ見

貯めてたアニメとマンガを消化してました。

無職なので。

 

無職バンザイ。

 

仕事ください。

 

けものフレンズ攻殻機動隊SAC(3度目)、幼女戦記鉄血のオルフェンズと最初以外そこそこ血なまぐさいのばっかりですね。

鉄分足りてないんでしょうか。

 

けものフレンズはもうぎゃん泣きですよ。

あのテーマ曲で泣けるとかほんとどうかしてます。

すごーい!たーのしー!

 

はい。

 

攻殻機動隊はもうライフワークにします。

好きです。

 

はい。

 

幼女戦記は…これは続く…のかな?

航空魔導隊に対する有効戦術を誰も編み出さないのが不思議でした。

 

はい。

 

そして鉄血のオルフェンズ

こいつぁ癖もんでした。

まず初手から死亡フラグが丁寧に立てられすぎていて辛い。さらに死が近づくと死亡フラグが重なるからより辛い。

個人的な問題は死んでほしくないキャラが誰もいなかったことかも。

久しぶりに最後まで見るのをためらう苦行でした。

ギャグだと思って見ればよかった。

 

 

 

 

 

男子のトイレは開かずのトイレ

※本日はそこそこ汚い下ネタです。

 

 

今日僕はモンスターハンターのテーマが響き渡る渋谷センター街にいました。

曲の勇壮さに乗せられた結果、曲がり角の先にいるティガレックスを狩るくらいの気持ちでもってエアーでガンランスを構えじわじわと歩いていたら、

やってきたんですよ。

 

G級モンスター。

 

便意が。

 

しかもデカい方。

 

希少種ですよ。

 

ヤバい。

これはヤバい。

 

僕はG級ハンターですよ。

街の危機を幾度となく救い、古代の文献にしか記録のない伝説のモンスターさえも倒しましたよ。

今やこの世に狩れないモンスターはいない。

でもね…

 

無理。

 

こればっかりはどうしようもない。

最高の装備でもなんの役にも立たない。

なんなら脱ぐのが大変だし。

匂いついたら後で困るし。

なんとなくハンターの気持ちでいたけど

ここ2017年の日本だし。

 

と、ここで質問です。

外出中にトイレに行きたくなったらどうしますか?

迷わずその場でパンツを下ろし例えどこであろうとことに及ぶという益荒男におかれましてはそのまま漢の道を進んで行っていただきたい。
ただし僕の目に入らないところで。
その心意気を本とかにして後世に伝えていっていただきたい。
ただし僕の目に入らないところで。
500年後くらいに古文書として発掘されていただきたい。
できれば日本じゃないところで。

聞くまでもなくどこかにあるトイレを借りると思うんですよ。
そう、日本人ならね。

で、僕はハンターでも益荒男でもないので当然トイレをお借りしました。

某デパートの。

都会はこういうときとても便利。

広くて綺麗なトイレですっきり。

 

しかしトイレ運が悪いでお馴染みの僕ですからすんなりとことが済むわけがない。

なんと、

大のトイレが二つとも使用中。

 

ヤバい。

これはヤバい。

G級ハンター本日通算2度目のピンチ。

尻の竜撃砲はチャージ終了。

発射秒読み待った無し。

 

ジーザス。

なんてことだ。

トイレに神はいないのか。

トイレにはそれはそれは綺麗な女神様がいるんじゃなかったのか。

 

悪態の代わりに大きなため息をつくと、何かを察したのか片方からゴソゴソと音がする。

 

ああ、よかった。

トイレに神はいなかったがタイミングは悪くはなかった。

あとは紙がなくなってないことをいない神に祈るだけだ。

 

そんな気持ちが今度は安堵のため息となってトイレに安らかな微風を起こす。

 

さあ、今度こそ。

ハッピーエンドは目の前だ。

 

しかしそうは問屋が卸さない。

 

ゴソゴソと音がしてからしばらく、彼がトイレから出てくることはなかったのです。

 

こんなに静かで、しかし激しい戦いは並み居るG級モンスターと戦ってきた僕でも初めての経験でした。

「お父さんトイレの中で新聞読むのやめて!」

という漫画のセリフに今日ほど共感したことはありません。

 

果たして彼らがトイレの中で何をしていたのか、

それはもはや問題ではないのです。

きっと彼らには彼らなりの事情でもってゆっくりとトイレの時間を過ごしていただけなのだから。

 

ただその外でG級モンスターと過酷な戦いをしていた側から一つだけ言わせてください。

 

家でやろう。